開発状況(IL-6阻害ペプチド)

株式会社ペプチリードは、中分子創薬向けのITによる設計技術RPDP(Ring Petide Design Platform)を開発しました。医農薬などの分野において環状ペプチドを設計する企業に、プラットフォームを提供することを目的とした研究開発型企業です。現在、RPDP開発の総仕上げとして、IL-6(インターロイキン-6)を阻害する環状ペプチド設計の実証実験を進めています。

IL-6(インターロイキン-6)はサイトカインの一種です。
その過剰な生産による影響は、免疫系の調整異常、血液成分の異常、過剰な炎症反応の誘導、がん細胞の増殖・転移の促進、骨や軟骨の破壊等に影響があるとされています。

IL-6阻害剤について、現在国内においては2つの抗体薬が使用可能です。トシリズマブ(商品名アクテムラ)については点滴静注または皮下注射での投与になります。サリルマブ(商品名ケブザラ)は皮下注射での投与になります。IL-6阻害剤を中分子薬にモダリティーの転換をできた場合には、医療適用領域を広めることが可能になります。

この実証実験の成功により設計した環状ペプチドは製薬企業、創薬企業への提供を予定しています。

新たなモダリティとして中分子薬が期待されてますが、創薬技術としての有用性を実証したRPDPは製薬・化学知識を持つ研究者ならば誰でも目標とする、タンパク質などに強い結合活性を持つ環状ペプチドを設計できるIT技術として、広く世界の企業に提供して参ります。

#創薬 #drugdiscovery #pharmaceuticals
#中分子 #Peptide
#計算科学
#biotec

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です